結婚指輪は夫婦になった証です|長く使えるリングを買おう

パーティーを華やかに彩る

和服

和装で参列する人は少数

大切な友人の結婚式に招待されたら迷うのが服装です。パーティーを華やかに彩り祝福の気持ちを表現したいものです。お呼ばれ用のパーティードレスを何着か持っているという人もいますが、いろいろな人の結婚式で同じドレスを着まわすことには限界があります。かといってドレスや小物などを毎回揃えることはお金がかかり現実的ではありません。そこでおすすめなのが振袖です。振袖は成人式用に買ったものがあるのに成人式以来着ていないという人が多いようです。また母親のものなど家族が保管しているものが見つかることもあります。もちろんレンタルも可能です。最近では結婚式に和装で参列する人は珍しくなりました。慣れない振袖を着ることは少し大変ですが、ドレスより目立ち幅広い年代の人に喜ばれます。華やかでも上品なのが振袖の特徴で、受付などの仕事を頼まれた人にもぴったりです。

和装のルール

結婚式で和装をする場合いくつかのルールがあります。まず、振袖は未婚の女性の第一礼装で袖が長いほど格式が上がります。花嫁も振袖を着る可能性があるため花嫁が和装をするか、和装をする場合には色味がかぶらないかを確認すると安心です。訪問着は袖が60センチくらいで、未婚既婚に関わらず着用することができます。準礼装にあたり場所を問わずに着ることができるので便利です。訪問着も振袖と同じくレンタルが可能です。留袖は一般的に下半身のみに模様の入った華やかな着物で、既婚女性の第一礼装です。黒留袖と色留袖があり、家紋が多いほど格式が上がります。黒留袖は親族の礼装としてよく用いられ、結婚式場でレンタルできることもあります。また、新郎新婦の母親用の黒留袖のレンタルは結婚式のプランに含まれていることもあります。色留袖にはいろいろな地色があり、レンタルショップなどで取り扱いがあります。